++ 南アフリカ旅行記 ++
deeside.exblog.jp
Top
2006年 05月 07日
f0070281_1245463.jpg●4月28日(金) 成田~香港~ヨハネスブルグ

●4月29日(土) ヨハネスブルグ着~ドラケンスバーグへ

●4月30日(日) ドラケンスバーグ~ゲームリザーブへ

●5月1日(月) ゲームリザーブ~ダーバンへ

●5月2日(火) ダーバン

●5月3日(水) ダーバン~ケープタウンへ

●5月4日(木) ケープタウン

●5月5日(金) ケープタウン~ヨハネスブルグ~香港~成田(6日)
[PR]
# by wideopenspace | 2006-05-07 23:45 | 旅行全日程
2006年 05月 05日
Flight Information  ●CPT-JNB (8:00発 10:00着)
●JNB-HKG CX748 (12:50発 07:55着) ●HKG-NRT CX504(09:10発 14:25着)


f0070281_1332481.jpg
午前5時起床。外はまだ真っ暗ですが、出発の準備。
ガイドさんの迎えを待って、ケープタウン空港へ出発。


f0070281_1351248.jpg
ケープタウンから、ヨハネスブルグまでは国内線での移動。
また私の苦手な、ちっちゃい飛行機に乗ることに。。。


f0070281_1363983.jpg


f0070281_1384793.jpg
さようならケープタウン。


f0070281_1393746.jpg
ヨハネスブルグ空港に無事到着。
旅行初日はまったく気づかなかったけど、よく見るとかなりデカイ空港。そしてキレイ。


f0070281_1404919.jpg
最後に、アフリカらしい写真を1枚。
誰だろう?


f0070281_1421991.jpg
なぜか、British Airwaysのラウンジで休憩。


f0070281_1435828.jpg
ややアジアンテイストの内装。


f0070281_144853.jpg


f0070281_1585764.jpg


f0070281_1471653.jpg
お土産にワインを買って、いよいよ出国。


f0070281_23196.jpg
13時間後、香港に到着。香港の空港ってデカイね~


f0070281_231540.jpg
香港まで来るとさすがに日本人だらけ。人間にあまり会わない旅だったので、人の多さにもややビックリ。

香港のラウンジ 。


f0070281_241054.jpg
予定より1時間遅れましたが、成田空港に到着。
日本の空は狭いなぁ~

行くまでは、未知の世界だった南アフリカだけど、かなり楽しくて濃密な旅だった。
まあカルチャーショックは、いろいろ受けたけどね… 貧富の差とかエイズとかスラム街とか。

夜は出歩かなかったし、危険な場所には一切行かなかったから、まったく問題なかったけど、やっぱりバックパック旅行とかは相当気をつけないとヤバいんだろうなぁと思います。。。

でもまた行きたいな~。
[PR]
2006年 05月 04日
f0070281_13283796.jpg
実はワイン造りがさかんな南アフリカ。

特にケープタウンの西側には、ワイナリーがたくさんあり、ワイナリーが密集する地域はワインランドと呼ばれているそう。
ワインランドマップ

今回は、そのひとつVergelegenへ。
ここは、国内トップレベルの品質を誇るワイナリーだとか。
しかも創設されたのは1700年という名家。

入場料を払って、敷地内へ。
ワイナリーだけでなく、バラ園やハーブ園、レストランなどがあり、かなり広い。


f0070281_13285827.jpg
早速ワインテイストを。


f0070281_13291022.jpg
左から、Sauvignon Blanc 2005、Chardonnay 2005、Mill Race 2003、Shiraz 2003。お気に入りは、Shiraz。


f0070281_13293658.jpg
ほろ酔い気分になったところで、だだっぴろいガーデンをお散歩。

ひと気がまったくなく、静寂につつまれた空間。


f0070281_13295614.jpg
ケープタウンにあるワイナリーの多くが、18世紀ごろのオランダ植民地時代に造られたもの。なので、建物もオランダ風。


f0070281_133067.jpg
白い壁と曲線のデザインが特徴のこの建物は、“ケープダッチ”様式と呼ばれます。


f0070281_13324978.jpg
さて、Vergelegenを後にし、車はStellenboschという町へ。

こちらは教会。



f0070281_13331058.jpg
17世紀にオランダ人によって創設された、歴史ある町。樫の木や、ケープダッチの建物が多いので、町が全体的に白い。

これはStellenbosch大学。


f0070281_13332285.jpg
学生街なので、若者がいっぱい歩いている。
フシギなことに、ほとんどが白人。


f0070281_1334794.jpg
こちらは学生寮。
やっぱりケープダッチ。


f0070281_2349323.jpg
Stellenboschを抜け、本日の宿へ。
なんと旅行最終日の宿泊地は、ワイナリー。

1692年創設の歴史あるLanzerac


f0070281_23551198.jpg
ウェルカムドリンクは、もちろんワイン。


f0070281_23553418.jpg
落ち着いた雰囲気の内装。


f0070281_011774.jpg
荷物を置いて、ワイナリーをのんびりお散歩。
ぶどう畑が夕焼けに映えてます。とてもキレイ。


f0070281_013289.jpg
もちろん、ここの建物もケープダッチ。


f0070281_0133393.jpg
すっかり日も暮れたところで、ディナータイム。
フルコースをLanzeracの赤ワインを飲みながら頂く贅沢な時間。


f0070281_0201772.jpg
前菜は、今回の旅行ですっかりトリコになってしまった、Butternutのスープ。
自家製パンが格別に美味しかった。


f0070281_0112245.jpg
明日は、いよいよ帰国の日。
[PR]
2006年 05月 04日
≪6日目≫ Water Front ⇒ Table Mountain ⇒ Wine Lands ⇒ Stellenbosch ⇒ Lanzerac(Hotel)


f0070281_10485249.jpg
7時半起床。まずは天気をチェック…

一見晴れてますが、山には雲がどっさり。
このままだと、ロープウェーが動いてくれない。

雲が切れてくれることを願いつつ、朝食へ。


f0070281_10522231.jpg
朝食は、もちろんビュッフェ形式。フルーツにパン類にチーズに肉に野菜にデザートに…超豪華。


f0070281_10563342.jpg
外のテーブルにはカモメが。
毛が真っ白!!


f0070281_10575144.jpg
ホテルの外観。
ここがアフリカとは到底思えない。


f0070281_110465.jpg
朝食後、お散歩がてらショッピングモールへ。朝から買い物。


f0070281_11115154.jpg
ネルソン・マンデラ像。
顔と体のバランスが悪い。

他にもデズモンド・ムピロ・ツツ(平和運動家)、F・W・デクラーク(南ア最後の白人大統領)、
アルバート・ルツーリ(黒人解放運動指導者)の像が並んでいた。


f0070281_11191629.jpg
ホテルに戻ってしばし休憩。
ガイドさん到着の連絡を受けて、いざ出発。

そういえば、ホテルのスタッフは、ほとんど黒人。
みんな 陽気で愛想がいいし、颯爽と歩く姿がステキだった。


f0070281_1141764.jpg


f0070281_11201100.jpg
ケープタウンの象徴的存在Table Mountainへ。
下界は晴れてても、山は変わらず雲が…。


f0070281_11321891.jpg
天候が悪いと運行中止になるロープウェーですが、運良く動いていたので、
早速乗り込んで、海抜1000メートルの山の頂上へ。所要時間は、たったの5分。

頂上がテーブルのように平らになっているので、Table Mountainと呼ばれるこの山。
外観は、こんな感じ


f0070281_11475914.jpg
断崖絶壁とは、このことだわ。


f0070281_1149628.jpg
この山地は、はるか向こうの喜望峰までつながっているそう。

気温は10度を切っていた。


f0070281_1242639.jpg
晴れていれば、ケープタウンの街並みが一望できるはずなのだけど。


f0070281_1243626.jpg
右に見える小さな島は、Robben Island。かつてマンデラが収容されていた刑務所島。


f0070281_125212.jpg
ようやく見えてきた!


f0070281_122151100.jpg


f0070281_1222376.jpg
こんな高い所にも動物がいる。

カラスみたいな鳥と、Rock Dassieと呼ばれる大型ネズミ。


f0070281_1228384.jpg
ロープウェーで下界へ。

向こうに見えるのは、Lion's Head
ライオンが横たわっているように見えるので、この名前。

手前は、6年前の山火事で燃えてしまった木々の残がいだとか。

この後、Table MountainとLion's Headが一望できる町Signal Hillへ。


f0070281_12552663.jpg
途中、南アフリカ共和国の国花キングプロテアを発見。雄々しい。


f0070281_12575977.jpg
車は再び北上。白砂のビーチがきれいなCamps Bayでひと休み。

奥に見えるのは、Twelve Apostles(12使徒)と呼ばれる山脈。
Table Mountainからつながってるとか。

さらに北上し、次はClifton Beachへ。
Camps Bayも然り、この辺りは、有名なリゾート地らしく、立派な別荘がたくさん建っている。

今度は海岸沿いから内陸へ。
本日のメイン、ワインランドがあるケープタウン西方へひた走る。


f0070281_139236.jpg
道路沿いには、例によってTownshipが。
ホント貧富の差が激しいです、この国。
[PR]
2006年 05月 03日
f0070281_23241268.jpg
車はケープタウン北西部の港町、ウォーターフロントへ。本日の宿泊地Table Bay Hotelに到着。

何といってもこのホテル、ショッピングセンターにつながっているのがポイント。夜でも気軽に買い物へ行けるのがうれしい。

今回の旅で初めて日本人の団体と遭遇。


f0070281_2344625.jpg
お部屋から眺めるウォーターベイ。夜景がきれい。

すっかり夜ですが、意地でショッピングへ…。
ありがたいことにこのエリアは夜も安全。


f0070281_23462418.jpg
左がショッピングモール、右がホテル。


f0070281_2348262.jpg
まずはスーパーでお買い物。ジュースとか、水とか買ってみたり。


f0070281_23501699.jpg
別のスーパー。Marks and Spencerっぽい雰囲気。
でも店内は、ロンドンよりかなりキレイ。


f0070281_23572340.jpg
とりあえずアフリカっぽいので、1枚。


f0070281_23574483.jpg
でもこんなお店もあったり。
「ロイヤル・スシ・バー」


f0070281_23595356.jpg
ヘロヘロのまま、イタリアンレストランになだれ込み。
パスタを食べてホテルに帰還。


f0070281_071261.jpg
明日は、ついに旅行最終日。ワイン三昧の締めくくりにワイナリーを訪れます。
[PR]
2006年 05月 03日
名称は、まったく分かりませんが。。。

f0070281_8165997.jpg


f0070281_8172956.jpg


f0070281_817488.jpg


f0070281_8175766.jpg


f0070281_8183421.jpg


f0070281_8184592.jpg


f0070281_81902.jpg


f0070281_8191397.jpg


f0070281_8193235.jpg


f0070281_8194361.jpg
[PR]
2006年 05月 03日
≪5日目≫ Durban ⇒ Cape Town ⇒ Simon's Town ⇒ Cape Point ⇒ Chapman's Peak ⇒ Waterfront


f0070281_0291558.jpg
旅行5日目。いよいよ南アの西側ケープタウンへ。


f0070281_23285736.jpg
まずはダーバン空港へ。お世話になった方とは、ここでお別れ。


f0070281_23304018.jpg
なんと乗るのは、こんなちっちゃな国内線。


f0070281_23493372.jpg
約2時間後、無事ケープタウンに到着。


f0070281_2364852.jpg
ケープタウンでは、個人ガイドさんのお世話になることに。
ミニバンに乗って、早速出発。

ハイウェイに乗ると、Townshipと呼ばれる、アパルトヘイト時代に黒人の居住区だった場所が見えてくる。

今でも、貧しい黒人たちがこういった場所で生活しているらしい。南アで2番目に規模が大きい、このケープタウンのTownshipには、なんと100万人近くが住んでいるとか。


f0070281_0121219.jpg
お世辞にも家とは言えない、粗造りの小屋が果てしなく並んでいる。

言うまでもなく治安は悪いはず。


f0070281_014086.jpg
国の補助で、アパートが建てられ始めているようだけど、100万人の家を補うには、まだまだ数が足りない模様。

さて、小雨の降る中、バンはケープ半島南端へ。

ここはMuizenbergという町。
このエリアは、サーファーに人気だそう。


f0070281_0235188.jpg
こちらはFish Hoekという小さな港町。
昨日までの悪天候の影響で、大量の海草が岸にあがっている。


f0070281_0281511.jpg
でも海の色も白砂のビーチも、とってもきれい。
贅沢にも、この景色を眺めながらランチをいただく。

caramari(食用イカ)とポテトの盛り合わせ。おいしい。


f0070281_0261241.jpg
すっかり天気がよくなったところで、再び出発。


f0070281_0361165.jpg
近くにある鉱石場を訪問。
おみやげに石を購入。


f0070281_1315873.jpg
さて、次はいよいよSimon's Townへ。オランダ東インド会社の時代に、オランダ人総督のサイモンさんが作った港町なので、この名前。


f0070281_1341267.jpg
Simon's Townから10分ほど歩くと、Boulder's Beachへ。


f0070281_1375899.jpg
アフリカン・ペンギン

アフリカにもペンギンはいるのだ。


f0070281_1433630.jpg
ペンギンの大群。
こんなにいっぱいいると、あまりかわいくないね。

近くで見ると、母ペンギンが巣の中で子育て中。


f0070281_1454516.jpg
海から上がってきたばかりのペンギン3匹組。
よちよち歩きでカワイイ。


f0070281_1483512.jpg
ひとりで水遊びしてるペンギンも。

奥に見えるのは、Noah's Arkと呼ばれる岩。


f0070281_1512177.jpg
ペンギン観察に夢中になりすぎて、滞在予定時間を大幅にオーバー。
急いで喜望峰へ。

ケープ半島の南部は、Cape Of Good Hope Nature Reserveという自然保護区になっていて、喜望峰はこの中にあります。

喜望峰って、アフリカ最南端と思われがちだけど、正しくは最南西端。最南端はCape Point。


f0070281_211352.jpg
保護区内に入っても、すぐに喜望峰が見えるわけではなく。


f0070281_212855.jpg
ごつごつとした大地には、見たこともない植物がたくさん咲いている。
地球上には、6つの植物界があるそうなのだが、そのひとつが「ケープ植物界」。ケープ半島には、他のどの地域にもない固有種の植物が6000種類も存在しているのだとか。

この辺りは、世界遺産にも登録されています。 (参考)世界遺産


f0070281_253641.jpg
走ること20分。ついに到着、Cape Of Good Hope(喜望峰)!


f0070281_2183639.jpg
しかし、風ツヨすぎ。


f0070281_2251213.jpg
喜望峰を後にし、今度はCape Pointへ。ここからは、ケーブルカーで登ります。


f0070281_2281537.jpg
下車して、しばし階段を上ると…

Cape Pointから眺める喜望峰。絶景です。


f0070281_231322.jpg
帰りは、てくてく歩いて下ることに。ここにもフシギな植物がいっぱい。
見ているだけで楽しい。


f0070281_235221.jpg
さて、惜しまれつつもCape Pointを出発。
東海岸から来たので、西海岸回りでケープタウンへ。


f0070281_7445999.jpg
これはBaboon(ヒヒ)の親子。いたずら好きの動物なので、近寄るべからず。


f0070281_832933.jpg
車はどんどん北上し、全長10キロのChapman's Peak Driveへ。


f0070281_755117.jpg
ドライブウェーを進むと、Hout Bayが。夕方なので、船が続々と港に戻り中。

さてさて、ケープ半島を駆け抜けた1日もおしまい。
ダウンタウンのホテルへと向かいます。
[PR]
2006年 05月 02日
≪4日目≫ Durban
地図


f0070281_2063746.jpg
午前8時起床。昨日とうって変わって、今日は快晴。
波の音も心地よく聞こえる。


f0070281_2094028.jpg
この朝を満喫しようと、
お庭でのんびり朝食をいただくことに。

パッションフルーツジュースを飲んで、すっかり南国気分。


f0070281_20163331.jpg
朝食の後は、しばし近所をお散歩。

それにしても空がキレイ!


f0070281_20203833.jpg
空を見上げると、自家用ジェット機?らしき飛行機が。
近くに飛行場があるらしい。


f0070281_20222672.jpg
遊歩道から海岸へ出ると、人ではなく、カモメが水遊び中。

日差しが強すぎてめちゃくちゃ暑いのだ。


f0070281_20252081.jpg
カイトサーフィンしてますねー。

ダーバンは、サーフィンが楽しめることでも有名らしい。
世界選手権が行われたこともあるとか。


f0070281_2047399.jpg


f0070281_20484371.jpg
来た道をてくてく歩いて、町のほうへ。

今日のお昼ご飯はモーリシャス料理。


f0070281_20531099.jpg


f0070281_20535041.jpg
クラブスープと、オクトパスカレーなどをオーダー。

タコのカレー、初めて食べましたが、うまーい。


f0070281_20561874.jpg
エネルギーを消費すべく、町の中をお散歩。


f0070281_20581853.jpg
お家に戻ってしばし休憩した後、
ダウンタウンのショッピングセンターへ。かなりキレイ。


f0070281_205951100.jpg
これはビーフジャーキー専門店。

でもよく見ると、Ostrich(ダチョウ)とかKudu(シカ)とか書いてある。。。

基本的には、映画館とか服飾店とかが並んでいる、ごくフツウのショッピングセンター。
奥のほうに行くと、なにやら面白い場所が…


f0070281_21101663.jpg
海に行けば、いくらでも波はあるのに、人口ビーチでサーフィン?

さて、本日の夜は都合によりジャンクフード。

それからショッピングモールを後にしカジノへ。

ゴルフでおなじみの人工都市サンシティを作った巨大レジャー企業The Sun Internationalが経営しているカジノ。
概観は、まるでモスクのような荘厳さ。


f0070281_22573198.jpg
中に入ると、ルーレットやスロットマシーンがずらり。しかもそこに群がっているのは、インド系の人たちばかり。東インド会社の時代に、サトウキビ畑の労働力として、インド人がこの地に移り住んできたらしい。

さて、明日はいよいよケープタウンへ飛びます。
[PR]
2006年 05月 01日
f0070281_1554437.jpg
ゲームリザーブを後にし、一路ダーバンへ。

途中、マーケットに立ち寄り、お土産を物色。私がこの2日かですっかりハマってしまった、Butternutsも売ってる。


f0070281_15541878.jpg
いかにもアフリカらしい置物たちも。
これが結構高いのだ。

あとマーケット内にあるトイレも有料。

アフリカと聞いてあなどるなかれ、南アの物価はなかなか高い。


f0070281_15542650.jpg
再び車に乗って、目的地へ。
随所に見られる巨大な木々は、すべて植林によるもの。
しかも日本の製紙会社の所有物らしい。

道沿いには"Stop Aids"の看板もちらほら。
とても住居とは思えないような簡素な家々も目に入ってくる。
車の中から、いろんな南アが見える。。。


f0070281_15543726.jpg
ようやくダーバンに到着。

ダーバンは、インド洋に面した港町で、ヨハネ、ケープタウンに次いで、南アで3番目に大きな町。お世話になる方のお家がここにあるわけです。

広いお庭からは、インド洋が一望できます。しかし、あいにく今日の海は荒れ模様。
遠くの方には、停泊中の船が見える。


f0070281_15544578.jpg
ワンちゃんとしばし戯れたあと、私のリクエストにより、ダウンタウンへ日本料理を食べに行くことに。


f0070281_15545490.jpg
ホリデイ・インの中にあるDarumaというお店。

店長さんは日本人だが、そのほか店員はみんな現地の人々。
でもお客さんは私たちを含め、日本人ばかり。


f0070281_1555399.jpg
タイ人の板前が鮮魚をさばき、アフリカ人が天ぷらを揚げている、という不思議な光景。

その2人の力作がこちら。


f0070281_15551235.jpg
結構サマになっている。


f0070281_15552127.jpg味もなかなか。
揚げだし豆腐や焼き鳥、魚のあんかけ等々、どれもおいしかった。

移動してばかりの3日間だったので、明日はちょっとした休養日です。
[PR]
2006年 05月 01日
≪3日目≫ Thanda Game Reserve ⇒ Durban
地図


f0070281_15302187.jpg
早朝のゲームドライブのため、午前5時起床。眠い…。

ロッジまで迎えに来たスタッフに連れられて、メインロッジのロビーへ。
外はまだ薄暗い。

宿泊者全員が集合すると、3手に分かれてランドローバーに乗り込む。
私たちのグループは昨日と同じメンバー。ケープタウンから来たカップルとノルウェーから来た親子3人家族と同乗。

ノルウェー人家族は、これで3日目のゲームドライブなのに、ライオンだけは一度も見ていないとか。これは嫌な予感…。


f0070281_15303970.jpg
レーンジャーの先導で、サバンナを突き進むランドローバー。
この広大な原野のどこかで、動物たちが朝を迎えているはず。
みんな各々に周囲を見回しながら、動物を探します。

…走り続けること約1時間。

遠目に、シマウマを発見!

続いて、駆け抜けて行くインパラの群れにも遭遇。
引き締まった体で颯爽と走るその姿がとても美しい。


f0070281_15305760.jpg
原野を見渡せる高台まで来たところで、しばし休憩。軽食をいただく。

その間レーンジャーは、遠くのほうに目をやって何かを探し中。
どうやら動物を発見した模様。

ん…?私には何も見えませんが。

双眼鏡でレーンジャーの言う方向を見てみると、何百メートルも先にゾウの姿を発見。こんな米粒サイズのゾウを見つけるなんて、なんたる視力。驚異の視力の持ち主は、サ○コンさんだけではないみたい。


f0070281_1531239.jpg
というわけで、ゾウを求めて再び出発。

動物探しは、こうやってレーンジャーの視力と長年の勘、そして地面に残された動物の足跡やフンを頼りに行われるのだ。トランシーバーで他のチームと情報交換したりとかね。

でも相手は野生動物。万が一に備えて車内にはちゃんと銃が置いてある。


f0070281_15314124.jpg
走れど走れど、ゾウは見つからず。

その代わり、キリンの群れを発見!
動物園にいるキリンと違って、け、毛並みが美しい…。
触ったらきっとサラサラに違いない。


f0070281_1532482.jpg
惜しまれつつもキリンたちとお別れをし、ランドローバーはまた別の方向へ。

すると遠くのほうで、スプリングボックが疾走中。
スプリングボックは、南アフリカ産のガゼルで、見た目はシカに似た動物。
南アのラグビーナショナルチームを指して「スプリングボック」と言うとか。


f0070281_15321912.jpg
こちらは、イボイノシシ


f0070281_15332532.jpg
またしてもシマウマ発見。
至近距離まで近づいてみる。

キリン同様、毛並みが美しく、シマもはっきりと見える。
こっちを見ているけれど、迫ってくる様子はなく。
逆にこちらを警戒している様子。


f0070281_15334625.jpg
時刻は9時半。ゾウにもライオンにも会えないまま、2時間のゲームドライブが終わろうとしていたその時、バッファローの大群に遭遇。

やっと「ビッグファイブ」に出会えた!

でもガンをつけるかのように、こっちに目線を向けたまま何か食べてる。マジで怖い…・。

左奥にいる巨大な赤角のバッファローがボスに違いない。


f0070281_153415.jpg
木の反対側に回ると、さらにバファローを10等近く発見。
かなり巨大な群れで行動しているみたい。

これは沼。カバがいそうな場所ですが、何にも出会えず。

終了時間の10時を過ぎても、ドライバーの計らいで急遽ゲームドライブを延長。

しかし、いくら走ってもライオンがいそうな気配はなく。


f0070281_15342936.jpg
2時間半のゲームドライブもここで終了。ロッジへと戻ります。
ライオンには、なかなか出会えないと聞いていたけれど、やっぱり残念。


f0070281_1535175.jpg
こちらは、メインロッジから宿泊ロッジへと向かう道。左が宿泊したロッジ。

朝食を終えると、もう出発の時間。野生動物探検の旅もおしまい。

途中ポーターさんに、「どこから来たの?」と聞かれたので、「ジャパン」と答えたら、
「オー、サウスコリアだね?」と言われた。
地球の裏側同士、知らないことはいっぱいあるみたい。


f0070281_15364166.jpg
スタッフに見送られ、自分たちの車が置いてあるリザーブの入り口へ車で移動。
ということはつまり、この道も野生動物の“庭”。


f0070281_15351844.jpg
インパラを発見。足が速すぎて、写真に収めることができずにいたけれど、ついに近くでその姿を激写。


f0070281_15362351.jpgこちらは、アフリカンワイルドドッグ。(日本で言うと、リカオン)

ドッグとは名ばかり。獰猛な顔つきのこのワンちゃんは、インパラを食べてしまうそう。やはりここは弱肉強食の世界。


f0070281_15354088.jpg
入り口へ向かう前に、例の「テント部屋」を見学。立派なテントですが、布で覆われているだけなので、スリル満点。

2日間お世話になったドライバーにライオンのリベンジを誓い、そして仲間たちに別れを告げ、ゲームリザームを後にします。

今日はこれから3時間かけて、ダーバンへ。
[PR]
ページトップ
XML | ATOM

Powered by Excite Blog

個人情報保護
情報取得について
免責事項
The Original by Sun&Moon